施工前

 

リフォーム後施工後

 

 

浴室の床タイルの一部が劣化によって剥がれていました。タイルの剥がれはケガの危険性だけではなく、水漏れの原因にもなります。
タイル自体は水を吸収せず半永久的に使用することができますが、目地材のセメントコーキングは約15~20年前後が耐用年数だと言われているため、タイルよりも先に目地材が劣化するケースが多いようです。この目地材が経年劣化することで、目地のひび割れや剥がれなどの破損が起きてしまい、水が床下や壁の内部に浸入してしまう恐れがあります。

今回、施主様がご高齢ということもありましたので、床は浴室専用シート『バスナリアルデザイン』を施工いたしました。素足で触れてもヒヤッとしにくく、また滑りにくいので安心です。また、クッション性発砲シートが万が一の転倒の衝撃を和らげてくれます。

アイボリーの床に合わせて、浴槽の側面(浴槽エプロン)も『まるで新品さん』の特殊樹脂コーティングで色をチェンジ!床と同色のアイボリーにすることで、一体感が出て空間全体が明るくなりました。

また、浴槽の出入りがしやすくなるよう、手すりも取り付けました。

題目 まるで新品さん浴室工事
現場名 出雲市 Y様邸
工期 3日
費用 229,790円 (諸経費・税別途)
使った商品名 バスナリアルデザイン