SDGs(エスディージーズ:Sustainable Development Goals-持続可能な開発目標)は、国連サミットにおいて採択された、国際社会全体が取り組む目標です。 17のゴール・169のターゲットから構成され、「地球上の誰一人として取り残さない」ことを誓い、2030年までに達成することをめざしています。

最近ニュースなどで耳にする機会が増えましたね。
アイディーワークも住宅業界に携わる会社として、17のゴールに向けどのように取り組むべきか真剣に考え、行動していかなければなりません。

アイディーワークの取り組み

リフォーム・リノベーションによる省エネ住宅や、バリアフリー住宅を増やし、住み心地の良さや健康に加え、地球環境にも配 慮した住まいの普及を目指します。 また、長く住み続けられる家づくりを通じて、社会課題になって いる空き家増加の解決に取り組み、住み続けられるまちづくり に貢献してまいります。

リフォーム・リノベーションを行うことは

  • 住まいの資産価値や性能の向上
  • 住宅ストックの活用
  • 環境への負担の軽減や資源の節約など地球環境への配慮に繋がります。

女性が活躍する機会を創出することで、男性中心と言われる建築業界でも、新しい住宅サービスを実現できると考えています。 アイディーワークでは女性社員が働きやすい職種や仕事を作り、 積極的な女性採用を続けています。 また、15歳以下の子供を育てるスタッフは全体の約7割となっており、男女問わず子育て世代の社員が仕事と家庭を両立できる よう改善を続けています。

まだまだ小さな取り組みではありますが、私達はビジネスパートナーと一緒に力を合わせお客様、社会に対してもっともっと喜んでいただける貢献できる企業になるため、日々努力して参ります。